プロフィール
 

山の会ポレポレ

Author:山の会ポレポレ
所属:大阪府勤労者山岳連盟

主に関西の山域を中心に活動している30代~40代が中心の山岳会です。
ゆる~い山からハードな山まで遊び尽くせ!
新規会員募集中です!!

 
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
 
 

【個人山行】播磨富士!名峰・高御位を縦走~

 
2013/12/27(Fri) Category :  個人山行
こんにちは☆ tommyで~す!

我が故郷の名峰、高御位へいってきました

私が生まれ育った加古川で、一番高い山、標高304m。
でもね、この山、播磨富士、播磨アルプスと呼ばれて、登山客も多いです。
304mしかないのに、アルプスと呼ばれる魅力満点

実は、高御位に登るのは、子どものころ家族と登って以来、??年振り。
いくつかコースがあるですが、一番、長い縦走コースを歩いてきました。

■日程:12月1日(日)
■行程:JR曽根駅~中所登山口~地徳山~鷹ノ巣山~高御位~北山奥山~辻登山口~JR宝殿駅

大阪から新快速にのり、加古川で乗り換えて、約1時間。
曽根駅に到着。
余談ですが、この駅、停車すると電車がすごく傾いてるです!写真撮るの忘れましたが、けっこう楽しいですよ。

中所口登山までは、徒歩15分くらいかなあ。

中所登山口から歩くこと10分。“ザ、登山”な景色に一遍
1.jpg
この辺が岩稜の山なので、すぐに山っぽい雰囲気味わえます
ちなみに、ここから見える景色は、
2
すぐそこに街が(笑

登山道も、ほんとにアルプスっぽいかなり手軽なアルプスだけど。

1時間ほど歩くと、百間岩に到着。
けっこう、迫力あるんです
3 4.jpeg

岩は、ちゃんと凸凹があるからすべらないし登りやすいけど、迫力満点
ここを小さいころ、よく登ってたんですよね。
すごいな、わたしって、ちょっと思ってしまった。

岩場のあるアルプス行く前の足慣らしにももってこいな岩。

ちなみにこの岩のしたに、鹿嶋さんとして親しまれている鹿嶋神社があります。
かしわ餅が有名で、おいしいんです

周りに高い山がないので、気持ちいのいい尾根歩きが続きます。
この日は見えなかったけど、天気が良かったら、淡路島まで見えるます~。
6.jpeg
この山、数年前に山火事になってしまって、はげ山みたくなってます。

この日も登山客が多くて、子どももたくさん登ってました。
いたるとこに、座りやすい岩壁があって、ゆっくりお昼を食べてる人がたくさん。

鷹ノ巣山を過ぎると、姫路方面に続く山々。
そちらにも縦走できるようなんで、次はそっちにも行ってみたいなあ。
7.jpeg

3時間ほどで、高御位に到着。
ここまでかなりのアップダウンがあって、けっこう足にきてます
山頂には、神社。
で、山頂も岩場ベンチがいっぱい。景色をみながら、カップうどんを堪能(写真忘れました)
神社
8.jpeg
なかなかの岩でしょ

さあ、あとは下るだけ。
が、すぐにこのなが~い岩場。またまた足にきます
9.jpeg

歩いた時間も距離もそんなたいしたことないはずですが、アップダウンがあると距離と時間以上に疲れるなあと実感。

途中、こんなかわいい看板も見つけて、ちょっと気分転換。
11.jpeg

これまでの岩と、アップダウンにアルプスってほんと納得

下山途中に、太閤岩(その昔、太閤こと豊臣秀吉が座ったとこらしい)。
眺めもいいです
10.jpeg

ここから15分ほどで下山。
この登山口から宝殿駅までは、30分ほど。
4時間ちょっとの登山でしたが、かなり、濃厚でした~

ずっともう一度、登りたいと思っていた高御位。
岩稜帯の縦走。とても304mしかないとは思えない景色

駅からのアクセスもいいし、いい山です。

次は、例会山行でこようっと。




 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

No Title

六甲より西の低山もいろいろあるんですね。
例会山行でもよそさうですね。
曽根駅も楽しそう!

 

あれ

断食道場の写真がない...
残念!
最後のkeiくんのキメキメポーズ笑えるv-290
低いけど面白い山だよね~

 

    
 
Home | Top ▲
 
カレンダー
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
年・月別アーカイブ
 

見たい年をクリックしてください。  月別ツリーが表示されます。

 
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
 

現在の訪問者数は

 
検索フォーム
 
 
QRコード
 
QR