プロフィール
 

山の会ポレポレ

Author:山の会ポレポレ
所属:大阪府勤労者山岳連盟

主に関西の山域を中心に活動している30代~40代が中心の山岳会です。
ゆる~い山からハードな山まで遊び尽くせ!
新規会員募集中です!!

 
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

【個人山行】 焼山BC 必死のパッチ2days!

 
2014/03/27(Thu) Category :  個人山行
kakuです

先月の野伏ヶ岳ではガリガリに凍った中央ルンゼで
足がガクガク震えたものの、
やっぱりゲレンデにはない面白さと景色の素晴らしさに
山スキーの楽しさを思い出し、
足手まといとは知りつつも、またもやのこのこと
teruruのお兄さん達に同行させてもらいました
私にとっては初めての泊まり山スキー

そして、今回の行き先は...
山スキーの聖地頸城山塊(新潟)焼山

私がどうなったかは想像に容易く報告するまでもないのだが...

日 程 :2014年3月21日(金)~23日(日)
メンバー:(teruru)Tさん、Mさん、K兄、kaku
行 程 :22日笹倉温泉~幕営地(荷物デポ)~焼山を目指す
        23日幕営地~アマナ平周辺へ登り返し滑降~笹倉温泉

行けるか行けないかなんて考えてなかった...
こんなに楽しみで待ち遠しい山行も久しぶり
とにかく浮かれていた
しかし、パッキングの途中でハッとし、恐る恐る計量してみる...
17kg...これにプラス食料に飲料か...余裕で20kg超えるやん...
スキー担ぐ事になったら、もっとか...
大丈夫なん私
でも、私以外は共同装備や食料でもっともっと重いんだ、頑張らねば~

そしてK兄より現地情報「ドカ雪らしい...」
これは完全にヤバイ!絶対ヤバイ!
深雪滑る技術もなければ、私のあの板じゃムリ
とにかく無事に帰れますように...

《22日》
林道は除雪されておらず、予定していた場所より手前の笹倉温泉を6時出発
1.jpg

どうやら1番乗りみたい それにしてもすごい新雪 かなり降ったのね
2.jpg

林道は雪に埋もれ、どこに道があるのかもわからない
ただの急斜面になっている。
何度か「えっココ登るの」って出かけた言葉を飲み込みひたすら登る
そして待っていた難所、リーダーTさんがメット被った時には
もうアカンと思った
とにかく行くしかない下は見ないように...
でも帰りここを滑れるのか...そればかりが頭を巡る
登ってしまえば転がっても降りるしかないよね、
必死のパチ子、腹を括った瞬間である

ようやくテン場到着、歩く事に全神経使ってたおかげで
荷物の重みも感じなかったなぁ~
テントを張って、焼山へ向かう
3.jpg

比較的なだらかな登りが続き、少しの急斜面を登り終えたら
大パノラマが私達をお出迎え
4.jpg

この連休、焼山ではヘリスキーを行っているそうで
青空の中、ヘリがスキーヤーを運ぶのに忙しなく飛んでいた
5.jpg

私の歩くペースが遅いのもあって、予定していた焼山どころか北面台地までも
辿り着けず(ホントに申し訳ない)
滑り出す前に弱層テスト、新雪50cm以上だけど、比較的安定はしてるらしい
6.jpg

いよいよ滑降開始
7.jpg

気持ちよく滑ってく先輩に続いて、パチ子も滑り出す
下手くそながらも誰も滑ってないところにシュプール描くのは気持ちが良い
テン場まで何度も転びながら無事到着

とりあえずビールで乾杯
「ビールってこんな美味しかったっけ
五臓六腑にしみわたる...

そして想像をはるかに超える豪華夕食
白菜と豚肉のミルフィーユ、新じゃがガーリック炒め、ピザ等々
さすがK兄!ステキすぎる~
美味しい料理を目の前に写真を撮るのを忘れてしまった
こんな至れり尽くせりな山行は初めてだわ...

久しぶりに山から見る星空に感激したのも束の間、すぐ寝てしまった

《23日》
4時起床、朝食もやっぱり豪華、お野菜たっぷりラーメン
準備整え6時出発  皆、山に吸い寄せられるかの如く軽快に登ってく
8.jpg

天気予報とは裏腹に快晴聖地を拝む
9.jpg

途中休憩でちと気になる手の震え
もしかして...
予想的中何でこんな時に...久しくなってなかった低血糖に陥る
体が思うように動かない
とにかく症状が悪化する前にどーにかせねば
私のせいで、こんな遠くまで来てここで待ってもらう訳にはいかん
先に行ってもらって後から追いかけよう
ミルクティー飲んで、素晴らしい景色を眺めていたら
なんとなく、もう少しまったりしてたい気分になって
スキーをベッドに寝転がったりしてるうちに
パチ子のフィニッシュここでええわって思ってしまった

火打にかかるレンズ雲
10.jpg

滑り降りてきた3人の満面の笑みは
山男ではなく無邪気な少年
ホントに気持ちよさそうな表情は微笑ましい
11.jpg

さぁ体調も回復したし、パチ子も最後まで楽しむぞ
これまた気持ちとは裏腹に、深雪のトラウマスパイラルに陥り
顔面から何度も突っ込む
何度か腕や足が曲がったらアカンほうへ曲がった気がする
12.jpg
これでもかってくらいに雪まみれになって、テン場に到着

テント撤収して、さぁまたここからが正念場
重いザック背負っての滑降となる
これがまた、転ぶと大変ザックを外さないと起きあがれない!

そして、登りでもうダメだと思った箇所もどーにか通過
プルーク全開で滑り降りる...
こんな滑りでここに来る奴はきっと私ぐらいだななんて
自分のむてっぽうさに呆れながら、チャレンジ精神に関心しながら、滑り降りる
13.jpg

笹倉温泉が見えた時、あぁ~生きて帰れた~とホッとしたと同時に
なんとなく名残惜しい感情になる

ホントに楽しく、雪山を満喫した充実した(悪戦苦闘の)2日間だった
こんな所に来られたのも、
teruruのお兄さん達のおかげ感謝の一言に尽きる

そして、笹倉温泉の露天風呂に腰掛けた時の心境
14.jpg「燃えたよ… 燃え尽きた…まっ白にな…」

おっとまだ燃え尽きたらアカン、アカン!

帰り道、ご当地グルメ 「糸魚川ブラック焼きそば」を食す
イカ墨で真っ黒なのにソース味!口周り真っ黒になるけど、美味しかった~
15.jpg


山行中の写真提供はMさん
(スキーがとっても上手で余裕たっぷりなので、いっぱい写真撮ってくれました)
 
コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

No Title

お天気良かったね~。
雪も良かったね~。
中々無い素晴らしいタイミングでした。
また是非行きましょう!

 

No Title

[きれいな雪景色だね~
山料理をみたかったわ[絵文字:v-392
糸魚川ブラック焼きそばは、年度末のB級グルメ写真大賞にエントリーだね!!

 

No Title

kakuさんがばてるって・・
teruruのお兄さん達すごい!
大パノラマとってもうつくしい~

 

「燃えたよ、燃え尽きたよ...」

熱っ、熱いよkakuさん!
あはっ、笑える(^^)

めちいい天気だったみたいやね。
文面からテンションの上がりっぷりが伝わるわ〜!

 

    
 
Home | Top ▲
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
年・月別アーカイブ
 

見たい年をクリックしてください。  月別ツリーが表示されます。

 
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
 

現在の訪問者数は

 
検索フォーム
 
 
QRコード
 
QR
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。