プロフィール
 

山の会ポレポレ

Author:山の会ポレポレ
所属:大阪府勤労者山岳連盟

主に関西の山域を中心に活動している30代~40代が中心の山岳会です。
ゆる~い山からハードな山まで遊び尽くせ!
新規会員募集中です!!

 
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
 
 

初級冬山登山学校 オプション山行 岳沢から西穂・前穂へ。

 
2011/06/04(Sat) Category :  労山イベント・講習会
すんません、引き続きsato です。

僕は山の会ポレポレの会員ですが、我々の所属する会の上部団体は大阪府
勤労者山岳連盟 (通称 大阪労山) になります。
大阪労山では所属する会員向けに、初級登山学校(夏山編)・初級冬山登山
学校・中級登山学校(アルパイン)と、労山会員ではないけど、これから
山を始めたい人向けの、夏山・冬山ハイキングセミナーと、各種登山学校
プログラムが充実しており、僕は昨年11月から初級冬山登山学校に参加して
いました。

前置きが長くなりましたが、その初級冬山登山学校も、2月の大山で修了山行を
終えたのですが、GW期間中の自由参加の山行として、岳沢をベースに西穂・
前穂に行く計画を用意してくれてましたので参加してきました。


■日 程: 5月2日(月)夜発 ~ 5月5日(日)
■参加者: 初級冬山登山学校 コーチ・スタッフ・生徒 合計12名
■天 気: 晴れ時々曇り、のち快晴!!!
■行 程: 5/3 上高地~岳沢(ベース) 滑落停止訓練 
       5/4 岳沢~西穂沢~西穂~西穂沢~岳沢
       5/5 岳沢~奥明神沢~前穂~奥明神沢~岳沢~上高地 → 帰阪

RIMG2108.jpg


【5/2】 23時 JR森ノ宮駅駐輪場前を出発。途中、平湯トンネル前で仮眠をとり
上高地へ。この時期、観光バスなら平湯での乗り換えなしで直接上高地in
できるので楽でした。
(観光バスでも夏の最盛期には、平湯や沢渡で乗り換え必要です)

【5/3】 上高地から夏道なら2時間あまりで着く岳沢に行くだけなので
日程に余裕があり、レストランでコーヒーを飲んでからの出発と、出発でこれ
ほどのんびりしたことはありませんでした。

6時半ごろ上高地を出発。みんな装備・食料と、重い荷物を担ぎながらなので、
ゆっくりゆっくり登り、岳沢には10時過ぎに到着。テント設営後、雪洞作成、
昼食、滑落停止訓練の1日でした。

【5/4】 いよいよ残雪期の北アルプス登頂へ向けて歩き出します。
5時 岳沢出発。 西穂沢に取り付いてから稜線までは約3時間の急登。
早朝出発で、まだ雪が締まっていてアイゼンが効きました。全体にゆっくりめに
歩行してくれて俺的には大丈夫だったのですが、遅れられる方もいて、けっこう
しんどい登りではあったと思います
この急斜面を登りながらも、途中途中で滑落停止訓練。せっかく登ったのに、
滑落して停止しては登りなおすこと数回。これはけっこうしんどかった~。
でも、実際の急斜面で訓練できたのはよかったです!

RIMG2177.jpg
9時過ぎに西穂山頂へ。

RIMG2186.jpg
正直、残雪がまだまだある時期に、北アルプスのピークに立てるとは思って
いなかったので、その分、西穂からの眺めは最高でした!

気になるのは、同じ日に徳沢から蝶ヶ岳に登っているポレポレメンバー達の
こと。西穂からは明神岳がさえぎり蝶は見えなかったけど、無事に登り、
蝶からも北アルプスの景色を眺められていることを心の中で願っていました。

同じ道を岳沢まで戻るのですが、ぐんぐん雲が晴れていき、気温もあがり、
雪はザクザク。でも尻セードで西穂沢を一気に下り、11時半には岳沢の
テント場に戻れることができました。

【5/5】 静かな朝を迎え快晴に恵まれる。この日は奥明神沢をつめて前穂へ。
5月6日には仕事を控えているため、僕を含め3人の生徒だけは5日・下山する
だけの予定でした。が、前日の西穂が午前中には下山できていたので、
前穂にも行けるとこまで行ってみて、それからでも帰阪できるでしょうと、
連れていってもらえることになりました。

5日に下山する3人は5時出発予定の前に準備が整っていたので、校長先生に
リードしていただいて本隊より先に、4時50分岳沢のテント場を出発。
高度を稼ぐごとに、乗鞍・焼岳だけでなく、御嶽山、白山、南アルプス、
そして富士山と眺望がひらけていきました。

RIMG2216.jpg

傾斜は昨日の西穂のよりきつく、校長先生と生徒3人の4人だけでペースも
西穂に登るときより速めで、正直、頂上手前はかなりしんどかったですが、
8時35分に前穂登頂!雪に覆われた素晴らしい北アルプスの姿を見ることが
でき、この景色を見たら冬山から離れられそうもありません!

RIMG2221.jpg

10分のわずかな時間でしたが、頂上からの景色を目に焼きつけ下山開始。
10時15分テント場着。生徒の3人はテント撤収→上高地には13時過ぎに到着。
このあと上高地からタクシーで松本まで直接でて(\16000/中型1台)、
しなの号、新幹線を乗り継いで帰阪しました。

sato
 
コメントアイコン Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

さすが!!

西穂からの眺めはすごい!
私も行きた~い☆
初級お疲れさまでした

 

    
 
Home | Top ▲
 
カレンダー
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
年・月別アーカイブ
 

見たい年をクリックしてください。  月別ツリーが表示されます。

 
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
 

現在の訪問者数は

 
検索フォーム
 
 
QRコード
 
QR