プロフィール
 

山の会ポレポレ

Author:山の会ポレポレ
所属:大阪府勤労者山岳連盟

主に関西の山域を中心に活動している30代~40代が中心の山岳会です。
ゆる~い山からハードな山まで遊び尽くせ!
新規会員募集中です!!

 
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
 
 

雪彦山に行ってきました

 
2012/06/28(Thu) Category :  個人山行
satoです。

ハイキングセミナー16期生から山の会ポレポレ、
17期生からハイキングクラブ モンテス と新しい会が2つ誕生し、
交流山行として昨秋から芦生の森を2回計画していましたが、いずれも雨で計画変更。
しつこく三度目の正直とばかり、週末からの1泊2日の予定で芦生を計画しました。

が、土曜日がまたしても雨の天気予報。日曜日だけは天気が回復しそうで、
晴れマークを姫路で見つけ、行き先を雪彦山の日帰り山行に変更して行ってきました。

 【日程】  :6/10(日)
【参加者】 :モンテスから2名 nakaさん、Yしー、
        ポレポレから3名 たっきー、yukachi、sato
  【山】  :雪彦山

雪彦さん1

  07:10 JR大阪駅発
  09:10 雪彦山登山口駐車場着
  09:30 登山口出発
  10:20 出雲岩
  11:15 大天井岳(1つ目のピーク)
  12:00 雪彦山 (2つ目のピーク)
  12:30 鉾立山 (3つ目のピーク・1時間休憩)
  13:30 鉾立山出発
  13:45 ジャンクションピーク
  14:30    (15分休憩)
  15:20 雪彦山登山口駐車場着
   帰路  雪彦温泉で入浴・ガストで早めの夕食
  19:30 JR大阪駅解散

登山開始からいきなりの急登。
しんどくならないよう、ゆっくりめにペースを落とす。

雪彦は鎖場あり、ひと一人がやっと通過できるセリ岩ありと、なかなか楽しい!
    雪彦さん2

    雪彦さん3


雪彦、1つ目のピーク・大天井岳に11:15到着。
昼食にはまだ早いので、10分だけ小休止したのち、2つ目・3つ目のピークへ。

2つ目のピーク・雪彦山は全く見通しなく、ちょうどお昼の時間ではあったがあっさり通過。

3つ目のピーク・鉾立山は天気が良ければ氷ノ山まで見渡せる場所なので
(その日は見えませんでしたが)、ここでお昼を取りました。
    雪彦さん6


なんやかんやと、ポレポレ・モンテス・お互いの会のことを語りあいながら、
あっという間に1時間も休憩してしまった(汗)。
    雪彦さん4


ここからすぐにあるジャンクションピークからは沢沿いを下山。
ここは、ヒルが大量発生との話を既に行ったことのある会員から聞いていたので、
装備表に加えさせてもらったロングスパッツを装着してもらいました。

沢沿いの下山道は林の間から木漏れ日がさして綺麗でした。

    雪彦さん5


行きは岩場歩き、帰りは沢沿い歩きと、雪彦はバリエーションに富んでよかったです!

ヒルはいつでるだろう?と常に気にはしていたのですが、
休憩時にとなりのおっちゃんが足首に1箇所刺されていたのを見た程度で、
ほとんど気づくことないぐらいにいませんでした。

下山後は、ガストでこれでもか!っていうぐらいに食いまくって、
5人楽しく1台の車でおしゃべりしながら大阪に戻りました。

モンテスさんのnakaさん、Yしー、めっちゃ楽しかったから、
また一緒に登り(しゃべり?)に行きましょう!
 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

No Title

日帰りになったとのことでお声をかけていただき(^^)いざ雪彦山へ!
鎖場あり岩場ありと飽きないコース☆
ヒルにヒヤヒヤもんだったけど、一安心じゃ~(^^)
4対1ですもんね・・・ホホホ
モンテスさんのほんわかトークにも癒されました~☆

 

雪彦と...

聞いただけでもぞっとするくらい
ヒル地獄だったのに...
出なくて良かった良かった☆
しかし、satoさん女性に囲まれて嬉しそうやな~

 

    
 
Home | Top ▲
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
年・月別アーカイブ
 

見たい年をクリックしてください。  月別ツリーが表示されます。

 
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
 

現在の訪問者数は

 
検索フォーム
 
 
QRコード
 
QR